お問合せ・ご相談は
お気軽にどうぞ

052-971-5211

FAX:052-971-5212

受付時間:午前9時から午後5時まで(土日、祝日を除く)

Eメールでのお問い合わせ

医療機関の勤務環境改善の取り組みをサポートします。

2018.01.11 2月27日(火)14時~16時「看護職が健康で働き続けることができる職場環境づくりをめざして」ほか  
2018.01.11 2月14日(水)14時~16時「やりがいをもって働き続けられる職場環境づくり」ほか  
2018.01.11 2月3日(土)13時30分~16時45分「医療勤務環境改善マネジメントシステム普及促進TOPセミナー」  
2017.08.29 10月19日(木)14時~16時「医療機関人事労務管理者が理解しておくべき労働法の基礎知識」ほか  
2017.08.04 9月14日(木)14時〜16時「楽しく働くことのできる職場づくり」ほか  
医療スタッフの仕事と子育て・介護の両立支援、職員の安全確保、職員満足度の向上により人材確保・定着を支援します。
医療スタッフの協力の下、快適な職場環境を形成し、健康増進と安全確保を図り医療の質を高めることを支援します。
   
医療スタッフの働き方・休み方改善、職員の健康支援等を通じて、自院に合った就業規則等の作成・見直しを支援します。
医療スタッフの長時間労働の改善、職種毎の負担の軽減等、適正に労働時間の管理を行えるように支援します。


   
  専門の相談員が対応いたします  
   
医療経営コンサルタント(公認会計士)/医療労務管理アドバイザー(社会保険労務士)


<プロフィール>
厚生労働省入省後、東京労働局、愛知労働局等で労災補償、労働保険等業務に精通し、労災診療審査等にも従事した。
医療従事者の勤務環境改善が「医療の質」の向上、患者・医療スタッフから選ばれる医療機関へ、さらに医療機関の経営改善へ続けられるように取り組んでいる。
一般社団法人
愛知県労災指定医協会
事務局長 山口裕彰
質の高い医療サービス体制を構築するためには、医師や看護師などの医療スタッフが健康で安心して働くことのできる職場環境の整備が重要です。
そのため、厚生労働省では、医療法を改正し、各医療機関がPDCAサイクルを活用して計画的に勤務環境の改善に取り組む仕組み「医療勤務環境改善マネジメントシステム」を導入することを推進しております。
これを受けて愛知県では、各医療機関の勤務環境改善に向けた自主的な取組みを総合的・専門的にサポートする「愛知県医療勤務環境改善支援センター」を開設いたしました。
各医療機関のニーズに応じた様々な支援を行いますので積極的に御活用ください。




医療勤務環境改善マネジメントシステムとは?

医師、看護師、薬剤師、事務職員等の幅広い医療スタッフの協力の下、一連の過程を定めて継続的に行う自主的な勤務環境改善活動を促進することにより、快適な職場環境を形成し、医療スタッフの健康増進と安全確保を図るとともに、医療の質を高め、患者の安全と健康の確保に資することを目的として、各医療機関において、それぞれの実態に合った形で、自主的に行われる仕組みです。

愛知県医療勤務環境改善支援センター

当センターは、マネジメントシステムの普及(研修会等)・導入支援、勤務環境改善に関する相談対応、
必要な情報提供等、医療機関の勤務環境改善への取り組みをサポートします。

このページのトップに戻る